北習志野駅徒歩1分の「わかば整体院 北習志野店」

院長:西本 圭吾(にしもと けいご)

西本先生施術歴:4年

保有資格:整体師

わかば整体院の西本圭吾です。

私は平成6年1月22日に千葉県成田市で生まれ
ました。現在も成田市の中台に住んでいます。

家族は父・母・私の3人です。
小さいころからスポーツが好きで小学校と中学校では野球を高校ではバスケットボールをしていました。現在はウエイトトレーニングに熱中しています。体を動かすのは今も好きで、バスケットボールは趣味としてウエイトトレーニングはフィジークという競技に出場するためにお
こなっています。

11歳と12歳の時に野球肘になってしまい、整形外科に通っていましたが難しい言葉が多く、野球を続けるなら投げる腕を変えた方がいいと言われ恐怖心を覚えてしまい先生との間に距離を感じ、治療に前向きになれませんでした。そのため痛みがなくならず野球をすることを諦めてしまいました。その後、高校でバスケットボールをして腰を痛めてしまい、以前の記憶がよみがえり「またあんな思いしたくないな」「もう怪我を理由にスポーツをやめたくない」と思ったので整形外科ではなく接骨院に通ってみました。

接骨院では今現在の体の状態の説明や今後の治療方針やけがへの対策を難しい言葉を使わずに丁寧に説明していただけたので先生との間に距離を感じることがなく「治療は怖くないんだ」「この先生になら心を開けるな」と感じ治療に前向きになることができ完治するまで通うことができました。そのため高校での3年間はケガに対する恐怖心がなくなったためバスケットボールに集中することが出来て、最後までやりきることが出来ました。

その後も体の調子が悪い時には度々お世話になっています。その経験は今までのケガに対する恐怖心や考えを変えてくれるきっかけになり諦めることなんてないと考えられるようになりました。

私もその先生のようにケガに対する恐怖心がある人やケガをして辛い思いをしている方に寄り添って手助けできるような人間になりたいと考えこの業界を目指すことにしました。ケガを治したり、痛みを取るだけではなく、患者様が今後の生活でやりたいことを我慢せずにできるように健康な体を手に入れられるように手助けできる治療家を目指していきます。

皆様を全力でサポートさせていただきますのでよろしくお願いします。

佐久間 達一(さくま たついち)

施術歴:6年
保有資格:スポーツトレーナー整体師thumbnail_IMG_3481

こんにちは。わかば整体院の佐久間達一です。

昭和63年9月21日生まれで、家族は父、母、祖母、私の4人家族です。

現在は花見川の近くで自然に囲まれて暮らしています。子どもの頃からテレビにかじりついて離れない程のテレビっ子でした。家族の話だと、小さい頃に初めて喋った言葉もテレビドラマの真似だったとか・・・笑

趣味はディズニーとカメラで、間さえあればカメラ片手に夢の国まで突っ走っております。 最近のオススメは?とか、こんな時どうしたらいい?などパークのことで聞きたいことある方はお気軽にご相談ください!

小学生の時、近所のスポーツセンターで始めてプロの試合を生で見てテニスにハマり、そこから約10年間朝から晩までテニスにどっぷりと浸かった日々を送ってきました。高校生の時に、毎日の練習の無茶がたたって怪我を繰り返すことが増えました。大好きな テニスから離れなければならない時間が増え悔しい想いをしたことは今でも覚えています。

そんな時近所の整骨院にたまたま立ち寄る機会があり流れで診てもらうことに。

そこの先生は親身に話を聞いてくれるだけではなく、時には厳しく叱ってくれる家族みたいな方でした。何度か診てもらううちに、諦めていた治療もここでなら前向きに取り組めると思う様になり、気がついたら「こんな先生のようになれたらな・・・」と考えるようにもなっていました。それがこの業界を目指すようになったキッカケであり、今の私の原動力にもなっています。

患者様一人ひとりに手の温もりを通して健康だけではなく愛情も与えていける、そんな治療家を目指していきます。

皆様が1日でも多く楽しく健康な日々を過ごしていける様、持てる力を常にフルパワーで支えていきますので一緒にがんばりましょう。よろしくお願い致します。

宮﨑 庄太(ミヤザキ ショウタ)

施術歴:8年 
保有資格:整体師

こんにちは。わかば整体院の宮﨑 庄太です。宮﨑先生

私は1978年7月12日に生まれました。
サラリーマンで転勤族の父&家事子育てを一身に背負う母…という、THE・高度経済成長期の核家族モデルな家庭に、♂♀♂三兄弟の長男として奔放に育ちます。
誕生から数年は広島県福山市・兵庫県尼崎市と渡り、祖父の他界をきっかけに ここ習志野台へ。
めぐみ保育園→薬円台小学校→習志野台中学校→津田沼高校と進み、千葉県警に受かり2か月で辞めます。
理由はまた後ほど。

今は妻と幼い2人の息子との家族中心の生活を楽しんでいます。
最近では[妖怪しりとり]という歌の歌詞を憶えたかどうか、
一緒に入浴する度に 6才の長男にテストされてます。
(厳しくてなかなか合格出ません)

中学生時代、親に隠れて深夜放送を観るつもりで 偶然TVに映った
[パリダカールラリー]という海外での自動車レースを知ります。
自分もバイクで出場・入賞する というのが、その後の目標となりました。
(参戦の為の長期休暇が取れないことを採用後に知った というのが、警察官を辞めた理由でした)。
愛知県や北海道へ移り住みつつ、二輪整備士や 筋トレ代わりの力仕事をしながらの挑戦でしたが、練習中の手首の怪我により 残念ながらその道からは離れることになりました。

試行錯誤したその治療の過程で、最終的に辿り着いたのが 整体院 でした。
握力と可動域がなかなか回復せず、レース復帰はおろか 日常生活すらままならないことに
落胆していた私にとって、治療を受ける度に可動域が広がっていく感動は忘れられません。

その体験がきっかけとなり、自身も整体師となりました。
痛みや苦しみを抱え続けている。
お身体の不調に不安を感じている。
そんな方に、1人でも多くの方に 安心して日々をお過ごし頂ける様、全力でお力添えして参ります。

 

下坂 悟史(シモサカ サトシ)

施術歴:6年 
保有資格:理学療法士下坂先生

わかば整体院の下坂悟史です。

私は1988年1月13日、富山県黒部市で生まれました。立山連峰と日本海に囲まれた自然豊かな土地のもと祖父・祖母、両親と二人の兄の7人家族という環境で育ちました。現在は、妻と二人暮らしで千葉県船橋市に住んでおります。趣味は旅行とスポーツ観戦です。時間がある時はサッカー観戦(代表戦やJリーグ)によく行っていました。

小さい頃は身体が弱く、病院に通うことも多かったそうです。仲の良かった友人を追う形で始めたサッカーやバスケットボール、水泳等身体を動かす機会を増やすようになってからは徐々に身体も強く、大きくなり、食の細いのも改善していくことになりました。

中学校ではサッカー、高校ではバスケットボールを部活でやっておりました。膝の痛みや足のケガに悩まされることが多かったため、近くの整形外科や接骨院に通いました。お世話になった先生方のおかげもあり何とか続けることは出来ました。特に接骨院の先生は中々症状が改善されなくて不貞腐れてしまうこともあった自分に対して辛抱強く親身になって対応して下さったことをよく覚えています。身体のことだけでなく精神的な部分にも目を向けるようにすることは非常に大事であることを実感しました。

その時の経験が、今の自分を形作っているのかもしれません。同じように痛みなどの色々な身体の症状でお悩みの方の力になれたらと思い、理学療法士という仕事を目指しました。理学療法士として約6年間整形外科病院に勤めておりました。その中でより一人一人の患者様としっかりと向き合いたい、また医療保険の分野でカバーすることが難しいお悩みを持つことの力になりたいと思い、この度整体院で働こうと思いました。

患者さんが「痛みが出なくなった」、「こんなことが出来るようになった!」と嬉しそうにお話してくださることが、私にとって何よりの喜びです。一人でも多くの方のお役に立てるように、謙虚な気持ちと研鑽を忘れずにこれからも施術に向き合っていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

北習志野駅徒歩1分の「わかば整体院 北習志野店」 PAGETOP