北習志野駅徒歩1分の「わかば整体院 北習志野店」

院長:羽生 尚弥(はにゅう なおや)

羽生先生施術歴:6年
保有資格:整体師

こんにちは!
わかば整体院の羽生です。

1989年11月28日、千葉県香取市佐原に生まれました。佐原は山や緑が多く、近くには利根川が流れています。また、毎年夏と秋には計24台もの“山車”(だし) が街中を練り歩く『佐原の大祭』と呼ばれるお祭りがあります。
そんな自然に囲まれた場所で育ったおかげか、外に出かけることがとても好きで、休日は日本全国色々なところへ旅立っています。中でも良かったのは、石川県のお寿司と、秋田県のきりたんぽ鍋&日本酒、台湾のタピオカミルクティーです。食べものばかりですね(笑)

家族は、奥さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、そして兄とそのお嫁さん、弟と私の9人家族です。
誕生日にはみんなで祝って、クリスマスもみんなで祝って、お正月はみんなで香取神宮に参拝に行く。いつでも一緒の自慢の家族です。

私はとにかく弓道が好きで、朝学校に行って弓道、夕方学校が終わったら弓道、夜は香取神宮に
行って弓道。という生活を繰り返していました。高校生まではそれでなんとか出来ていましたが、
大学に入ってからはそうはいかず、カラダを酷使しすぎて右肘を痛めてしまいました。
痛みを抱えながら練習する日々、少しでも痛みが減るようにとカラダの使い方や筋肉の構造、食
事に至るまで様々な事を勉強していきましたが、中々良くならず辛い日々が続きました。そのう
ちに「私のように痛みで困っている人が他にもいるんじゃないか」「もし私がこの痛みを取り除
けたらどんなに素晴らしいことだろう。」と考えるようになり、この治療業界を目指すことにし
ました。
この「痛みで困っている人を一人でも多く助けよう」という気持ちが私の原動力になっています。

弓道1弓道成績
国体選手・千葉県代表
全関東学生弓道選手権個人ベスト10
全国弓道選抜大会・全国ベスト8
全日本弓道王座決定戦・関東リーグ制覇、全国ベスト8など

最後に一言:
患者さんから「先生、ありがとう」と言われるのが私にとってなによりの力です。こんな私ですが、これからもよろしくお願い致します。

 

 

西本 圭吾(にしもと けいご)

西本先生施術歴:1年

わかば整体院の西本圭吾です。

私は平成6年1月22日に千葉県成田市で生まれ
ました。現在も成田市の中台に住んでいます。

家族は父・母・私の3人です。
小さいころからスポーツが好きで小学校と中学校では野球を高校ではバスケットボールをしていました。現在はウエイトトレーニングに熱中しています。体を動かすのは今も好きで、バスケットボールは趣味としてウエイトトレーニングはフィジークという競技に出場するためにお
こなっています。

11歳と12歳の時に野球肘になってしまい、整形外科に通っていましたが難しい言葉が多く、野球を続けるなら投げる腕を変えた方がいいと言われ恐怖心を覚えてしまい先生との間に距離を感じ、治療に前向きになれませんでした。そのため痛みがなくならず野球をすることを諦めてしまいました。その後、高校でバスケットボールをして腰を痛めてしまい、以前の記憶がよみがえり「またあんな思いしたくないな」「もう怪我を理由にスポーツをやめたくない」と思ったので整形外科ではなく接骨院に通ってみました。

接骨院では今現在の体の状態の説明や今後の治療方針やけがへの対策を難しい言葉を使わずに丁寧に説明していただけたので先生との間に距離を感じることがなく「治療は怖くないんだ」「この先生になら心を開けるな」と感じ治療に前向きになることができ完治するまで通うことができました。そのため高校での3年間はケガに対する恐怖心がなくなったためバスケットボールに集中することが出来て、最後までやりきることが出来ました。

その後も体の調子が悪い時には度々お世話になっています。その経験は今までのケガに対する恐怖心や考えを変えてくれるきっかけになり諦めることなんてないと考えられるようになりました。

私もその先生のようにケガに対する恐怖心がある人やケガをして辛い思いをしている方に寄り添って手助けできるような人間になりたいと考えこの業界を目指すことにしました。ケガを治したり、痛みを取るだけではなく、患者様が今後の生活でやりたいことを我慢せずにできるように健康な体を手に入れられるように手助けできる治療家を目指していきます。

皆様を全力でサポートさせていただきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

篠崎 克博(しのざき かつひろ)

篠崎先生施術歴:10年
保有資格:カイロプラクター

こんにちは。わかば整体院の篠崎克博です。

私は1976年5月1日に神戸で生まれ、その後すぐに親の転勤で八千代市に引っ越してきて、幼稚園に入る前から大学までは八千代市で育ってきました。現在は渋谷区笹塚にて妻と3歳の娘と暮らしています。休日はもっぱら娘と遊んで1日が終わってしまいますが、娘が喜んでくれるのでついつい疲れを忘れて一緒にはしゃいでいます(笑)

家でクサガメを飼っていることもあり、都内の池のある公園を巡るのが習慣になって亀になった気分になるくらい亀人間でもあります。おすすめの亀スポットは亀戸天神と清澄庭園です。

中学時代はバスケ部に所属し、バスケの方は上達しませんでしたが練習でひたすら走らされたおかげで中長距離は学校で一番早くなりました。マラソン大会などに参加したりはしませんが、今でも暖かい季節には走ったりしています。

この仕事に就く前までは、パソコン関連の仕事を6年間程していました。
元々頭痛持ちではあったのですが、長時間のデスクワークで頭痛の頻度は増えていきました。そしてある日の深夜に激しい痛みで目が覚め、その日から毎日激しい痛みで目が覚めるという地獄の日々が続きました。毎日同じ時間に1~2時間激しく痛むという変な規則性がある頭痛だったので最初は脳に異常があるのではないかと疑いました。

脳神経外科など行きMRIなど撮られたが異常がなく、頭痛薬を色々処方されました。私にはどれも効かず、むしろ慢性的な頭痛が常に続くようになり、「どうすればいいんだ・・・」「このまま一生治らないんじゃないか・・・」「このままこの頭痛付き合っていかなければならないのか」と毎日痛みと不安を感じながら生活をしていました。

方法を探っていたとき、知り合いから「マッサージなどの手技療法がいい」と聞き、その時はカイロプラクティックに行ってみる事にしました。そこで出会った先生の手技療法が自分の人生を変えてくれたのです。先生は私の話に耳を傾けて、その上でしっかり今の状態を説明してくれて、もうそれだけで安心感が生まれました。治療も的確で終わった後、今まで悩んでいた頭痛がすっかりよくなったのです。地獄のように辛かった頭痛が治り、とても感動したことを今でもよく思い出します。このことがきっかけで手技療法を勉強することになり、この仕事に就くになりました。

私と同じような悩みを持った人に劇的な変化を与えられるような先生になること、患者様に一人でも多く辛い日々から解放され喜んでもらいたい。それが私の理念でもあります。
皆様の笑顔のため、全力でサポートさせていただきます!宜しくお願いします!

 

 

佐久間 達一(さくま たついち)

施術歴:3年
保有資格:整体師thumbnail_IMG_3481

こんにちは。わかば整体院の佐久間達一です。

昭和63年9月21日生まれで、家族は父、母、祖母、私の4人家族です。

現在は花見川の近くで自然に囲まれて暮らしています。子どもの頃からテレビにかじりついて離れない程のテレビっ子でした。家族の話だと、小さい頃に初めて喋った言葉もテレビドラマの真似だったとか・・・笑

 

趣味はディズニーとカメラで、間さえあればカメラ片手に夢の国まで突っ走っております。 最近のオススメは?とか、こんな時どうしたらいい?などパークのことで聞きたいことある方はお気軽にご相談ください!

小学生の時、近所のスポーツセンターで始めてプロの試合を生で見てテニスにハマり、そこから約10年間朝から晩までテニスにどっぷりと浸かった日々を送ってきました。高校生の時に、毎日の練習の無茶がたたって怪我を繰り返すことが増えました。大好きな テニスから離れなければならない時間が増え悔しい想いをしたことは今でも覚えています。

そんな時近所の整骨院にたまたま立ち寄る機会があり流れで診てもらうことに。

そこの先生は親身に話を聞いてくれるだけではなく、時には厳しく叱ってくれる家族みたいな方でした。何度か診てもらううちに、諦めていた治療もここでなら前向きに取り組めると思う様になり、気がついたら「こんな先生のようになれたらな・・・」と考えるようにもなっていました。それがこの業界を目指すようになったキッカケであり、今の私の原動力にもなっています。

患者様一人ひとりに手の温もりを通して健康だけではなく愛情も与えていける、そんな治療家を目指していきます。

皆様が1日でも多く楽しく健康な日々を過ごしていける様、持てる力を常にフルパワーで支えていきますので一緒にがんばりましょう。よろしくお願い致します。

 

北習志野駅徒歩1分の「わかば整体院 北習志野店」 PAGETOP